水虫になったことがある人も水虫になったことがない人も居ると思いますが、水虫になった人にマナーがあるのをご存じですか?色々と気をつけなければならない病気が水虫なのです!

2017年01月の記事一覧

マラソンで水虫に?軽石でのケアは要注意

マラソンが趣味という方は増えています。
走るという運動は健康増進だけでなく、ストレス解消にも有効です。
ただ、マラソンをしている方の中には水虫に悩まされるケースも少なくありません。
水虫は足の指や裏に症状が起こりやすい、皮膚病の1つです。
かなり強い痒みに襲われたり、皮膚がめくれるといった症状が起こります。
水虫は白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で発症します。
マラソンをしていると汗などで、シューズの中が蒸れやすく白癬菌が感染しやすい状態なのです。
ですので、マラソンをしている方の中には、水虫になっている方も多いのです。
また、軽石でかかとなどを擦り、足の裏をケアしている方も水虫になりやすいので注意しましょう。
軽石で擦ると皮膚には細かい傷が出来ます。
その傷口から白癬菌が入り込み、より水虫を発症しやすくなるのです。
1度、角質層にまで入り込んでしまった白癬菌は、自然と死滅する事はありません。
そのまま放置してしまうと、どんどん白癬菌は増殖してしまいます。
中には痒みから搔き毟ってしまい、その傷口から他の細菌が入り込み、足がかなり腫れてしまう方もいるようです。
このような状態にまで悪化しない為にも、痒みや皮膚のめくれといった症状を感じたら、早めに治療を行いましょう。
水虫の治療は皮膚科で行います。
まず、検査によって白癬菌が感染しているかどうかチェックし、もし白癬菌がいた場合は抗真菌成分を配合した外用薬で、治療を行うのが一般的です。
早めに治療を行い、正しく毎日処置を行えば、3か月程度で完治します。
ただ、治療を始めるタイミングが遅くなると、より完治までには時間がかかってしまうので、水虫は早めの治療が大切です。

続きを読む