水虫になったことがある人も水虫になったことがない人も居ると思いますが、水虫になった人にマナーがあるのをご存じですか?色々と気をつけなければならない病気が水虫なのです!

2017年02月の記事一覧

水虫予防には、石鹸やドクターフィッシュが効果的

水虫は、白癬菌というカビが原因で、皮膚に異常が起こる病気です。
水虫の症状には、小さな水膨れができてかゆくなったり、爪が変色するだけでかゆみがないなど、人それぞれ症状は違います。
そんな水虫でもっとも怖いのは、感染力です。
水虫の人が素足で歩いたフローリングやマットの上を、素足で歩くだけで、感染してしまう可能性があるほど、高い感染力があります。
特に人が集まるプールや温泉などにある足拭きマットなどは、感染しやすい場所で、見知らぬ人に移されてしまう可能性があるので注意が必要です。

水虫は、正式には、足白癬といい、白癬菌というカビが足の皮膚に寄生することで起こる皮膚病です。
皮膚の表面にある角質の成分であるケラチンを好んでどんどん増殖し、生命力が強いため、垢や皮膚の中でも生きていけます。
白癬菌がもっとも活発に活動するのは、温度26℃以上、湿度70パーセント以上の高温多湿の環境で、足拭きマットなどはもっとも白癬菌が好む環境といえます。
感染を防ぐ為には、足を石鹸で洗い、水気をよくふき取って乾燥させておくことが大切です。

水虫治療には、薬物治療やその他民間療法がいくつかありますが、ドクターフィッシュもその中の一つです。
ドクターフィッシュとは、コイ科のガラ・ルファという魚で、人間の皮膚をかじって食べる習性があるため、古い角質を除去してくれます。
ドイツやトルコでは、ドクターフィッシュセラピーによって、アトピーや皮膚炎が改善したという事例もあり、医療行為として認められています。
ドクターフィッシュの効果は、肌の角質や老廃物を除去するピーリング効果と、マッサージ効果があり、癒し効果やリラクゼーション効果も期待されています。

続きを読む